北斗の拳 原作 武論尊敬、作画 原哲夫の漢のドラマ

北斗の拳の原作の武論尊にしても作画の原哲夫にしても本当に二人とも男の中の漢だなあと感じます。

なぜなら登場人物もほとんどが男性でマッチョキャラでバトル要素が多いアクション漫画だからです。

しかしケンシロウとユリアなど随所に恋愛要素も含めてます。

漢のドラマだと思えるポイントはシュウ、サウザー、ラオウなど生き様そのものが男の中の男であり権力者で強い我こそは最強だと思えるだけの説得力もあるし、奥義を持っています。

気功に似てる秘孔という概念、これは秘孔をついて回復もできるし、相手を潰すこともできるし、当初は秘孔付きゴッコも流行ったものです。

南斗と北斗という二大神拳のぶつかり合いがこの漫画の主なテーマです。言い換えれば男のぶつかり合い、どこまでもワイルドな男の死闘と言った方が適切でしょう。

ポイントはレイとかシュウとかジュウザなどナイスガイが多く女性が見ても、みんな素敵だし力も強いしドキドキしながら彼らの可憐の技を見ることができます。

このページの先頭へ